小千谷のカリフラワーは白い宝石と呼ばれるほど、白く美しい。

ビギンでは収穫時期の違う「雪まつり」と「バロック」の2品種を使っています。

最盛期の10月は日本一の生産量を誇る。